リンガルアーチ(舌側弧線装置)で受け口、交差咬合を治すなら福岡の昭和歯科医院

 

一般歯科口腔外科矯正歯科

インプラント審美歯科

小児咬合誘導

昭和歯科医院

福岡県福岡市
  西区徳永913-1
九大学研都市駅 徒歩6分

電話番号
 
本格矯正を行う前に小児矯正や
咬合誘導という考え方があります。
  1. ムーシールド
  2. リンガルアーチ(舌側弧線装置)
  3. 床矯正装置

リンガルアーチ

院長

<リンガルアーチとは?>

リンガルアーチ(日本語名・舌側弧線装置)とは非常に基本的な矯正装置の1つです。

リンガルとは舌側のこと、要は歯の裏側のことです。

1番多いのは両側第1大臼歯を固定源にする方法です。

第1大臼歯にバンドを装着して、主線がSTロックで取り外しできるようになっています。

主線に補助弾線やフックをつけて、それを介して歯を移動させます。

院長

(リンガルアーチの利点と欠点)

利点

・簡易な装置で、治療の効果が高い。

・歯の裏側に貼る装置のため、外から見えなくて、審美的である。

・固定式のため、お子さんの意志に関わらず、矯正力がかけられる。

欠点

・押す、引っ張るの簡単な動き、傾斜移動しかできない。

・舌の当たる部分に装置がくるので、しゃべりにくい。

・固定式のため、装置が汚れやすく、ブラッシングが難しい。

保定装置として、リンガルアーチを使うこともしばしばあります。

動画は下顎のリンガルアーチです。

早期に乳歯が抜けた場合、後続永久歯の生えるスペースを確保します。

十分なスペースがなかった場合は歯が狭い所に生えてくるため歯並びが悪くなります。

院長

① 当院におけるリンガルアーチの症例

小学3年生(当時9歳)の両側側切歯交差咬合をリンガルアーチで改善した症例です。

乳歯列のときから、両側乳側切歯は交差咬合(クロスバイト・・・ →続きを読む

院長

② リンガルアーチ(舌側弧線装置)治療の費用

リンガルアーチ(舌側弧線装置)による受け口(反対咬合)、交差咬合(クロスバイト)

治療にかかる費用はすべて自費診療になります。 →続きを読む

診療メニュー インプラント 矯正治療 最新むし歯治療 無痛治療小児矯正・咬合誘導ホワイトニング 歯周病治療 マイクロスコープ親知らず予防歯科 患者さんの声 症例写真 自費治療の料金 各種無料相談
 

一般歯科口腔外科矯正歯科

インプラント審美歯科

小児咬合誘導

福岡県福岡市
  西区徳永913-1
九大学研都市駅 徒歩6分

] 電話番号

昭和歯科医院には、福岡県福岡市西区、今宿、周船寺、九大学研都市をはじめ、糸島市、唐津市、福岡市早良区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市城南区、福岡市東区などからも患者様がいらっしゃいます。また、インプラントだけではなく、歯列矯正や審美歯科、歯周病治療にも力を入れています。

監修

Copyright (C) 2013

SHOWA DENTAL CLINIC

All Rights Reserved.